ノースアイランドラリーの現況

北海道とロシア・サハリンを舞台に、2014年、2015年と続けて開催をいたしましたノースアイランドラリーですが、2016年の開催についてはまだ決定していません。各種報道によって周知の通り、ハートランドフェリーによる稚内~コルサコフ航路の定期便フェリーは2015年をもって運航を終了。その後、稚内市が主体となって新会社による運航継続へと向けて活動が行われていましたが、12月に「当面の運航継続は断念」との発表があり、定期便フェリーとして稚内~コルサコフを結ぶ航路が、2016年に就航するという見込みは、現在も立てられない状況にあります。

ノースアイランドラリー実行委員委員会としては、フェリー航路が無くても、小樽~コルサコフ間を運行している貨物船を利用して、なんとか実施したいと考えていますが、日程・費用・通関業務等、いくつかのハードルをクリアしなければならず、未だ正式発表の段階に至りません。また、実行委員会メンバーの株式会社ノマドのスタッフが、3月9日から15日にロシアを訪問、ロシア側モーターサイクルクラブ、貨物船主、通関業者等とミーティングを行っています。ただし、早急に結論を出すのは難しいのではないかと考えています。

多くの方にご期待をいただいているところですが、ノースアイランドラリーを今年、北海道とロシアをつなぐ形で開催することは、現在の観測では「可能性はあるものの越えるべきハードルは高い」といったところです。どうかご理解ください。訪露中のスタッフが戻り次第、改めて報告いたします。

2016年3月14日
NIR実行委員会  春木久史

広告
カテゴリー: 2016情報 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中