NIRからお知らせ – 2016年4月12日 –

北海道~サハリン結ぶモーターサイクルによるラリーイベント「ノースアイランドラリー」にご期待をいただいている皆様にお知らせいたします。これまでもお伝えしてきたように、フェリー航路が今年の再開を見込めない中で、開催について様々に可能性を模索してきましたが、現段階で日程を組める状況にないことから、今年の正式な開催は断念することにいたしました。ご期待をいただいている皆様には申し訳ありませんが、どうかご理解をいただけますようお願いいたします。

昨年12月に、稚内市が2016年のフェリー運航継続断念を発表してから、NIR実行委員会では、小樽~コルサコフ間を運行する貨物船を利用する方法を検討していたのですが、モーターサイクルを、無税で一時輸出入する手続きが、不定期便の船では適用できず費用面で現実的なものにならないこと。また、通関に日数を要した場合、ラリーを満足に楽しめないことも予想されます。これらのリスクを勘案。解決の目途が経たない以上、これ以上判断を先送りすることは妥当ではないと考えて、このように発表することといたしました。

もちろん、これは今後、2度とNIRを開催しないということではなく、できる限りの方法で、再開の努力を続けていきます。
また、先頃、2016年4月1日に、稚内市と民間企業による第三セクターの新会社「北海道サハリン航路」が設立され、今後の航路再開に向けての活動が再スタートしました。NIRとしては、まずはこちらに大いに期待を寄せるところです。

繰り返しになりますが、NIRは、中断はいたしますが、無くなるわけではありません。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

NIR実行委員会 春木久史

カテゴリー: 2016情報 | コメントをどうぞ

ノースアイランドラリーの現況

北海道とロシア・サハリンを舞台に、2014年、2015年と続けて開催をいたしましたノースアイランドラリーですが、2016年の開催についてはまだ決定していません。各種報道によって周知の通り、ハートランドフェリーによる稚内~コルサコフ航路の定期便フェリーは2015年をもって運航を終了。その後、稚内市が主体となって新会社による運航継続へと向けて活動が行われていましたが、12月に「当面の運航継続は断念」との発表があり、定期便フェリーとして稚内~コルサコフを結ぶ航路が、2016年に就航するという見込みは、現在も立てられない状況にあります。

ノースアイランドラリー実行委員委員会としては、フェリー航路が無くても、小樽~コルサコフ間を運行している貨物船を利用して、なんとか実施したいと考えていますが、日程・費用・通関業務等、いくつかのハードルをクリアしなければならず、未だ正式発表の段階に至りません。また、実行委員会メンバーの株式会社ノマドのスタッフが、3月9日から15日にロシアを訪問、ロシア側モーターサイクルクラブ、貨物船主、通関業者等とミーティングを行っています。ただし、早急に結論を出すのは難しいのではないかと考えています。

多くの方にご期待をいただいているところですが、ノースアイランドラリーを今年、北海道とロシアをつなぐ形で開催することは、現在の観測では「可能性はあるものの越えるべきハードルは高い」といったところです。どうかご理解ください。訪露中のスタッフが戻り次第、改めて報告いたします。

2016年3月14日
NIR実行委員会  春木久史

カテゴリー: 2016情報 | コメントをどうぞ

NIR 2015 無事終了 

11698586_852246854856027_7077845591929202088_n

第2回ノースアイランドラリーは、7月7日、無事にユジノサハリンスクのガガーリンホテルにゴール。7月8日にはコルサコフ港から稚内港に帰国しました。参加者、関係者の皆様、後援の稚内市をはじめ、協力企業・団体の皆様、そしてサハリンの大地と、ロシアの優しい人々に、特別の感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございました。 続きを読む

カテゴリー: 2015情報 | コメントをどうぞ

いよいよ7月1日 稚内 受付・車検

IMG_5316

全国各地をスタートしたNIRのゼッケンをつけたマシンたちが、稚内へと向かっていますね。北海道はいまちょっと天気が良くないですが、今日は宗谷海峡の潮風を感じながらいい夜を過ごしましょう。

今年は本当のNORTH BOUNDを目指します! きっと時にタフでハードな2000kmの行程ですが、必ずやり抜きましょう。地図を俯瞰すれば一目瞭然ですが、日本列島とサハリンとは、地形的なつながりが深く、自然相にも明らかな連続性を見ることができます。国境はありますが、ライダーのマインドにとってそんな境界線は無意味です。暗闇に手探りで知見を拡げ、自分の世界を拡大していくことは若者の基本的な衝動・行動原理ですが、ライダーはその意味では永遠の若者なのだと思います。

7月1日 稚内での受付・車検は、16~19時 ANAホテル向かい側の稚内市営駐車場です。

カテゴリー: 2015情報 | コメントをどうぞ

ロードブック(コマ図)等の発送スケジュール

IMG_6686

NIR運営チームはただいまサハリンでの最終試走を行っています。最北端の街、OXA(オハ)を越えてさらに北を目指す行程は約1000kmに及び、復路は途中から西海岸の素晴しい眺望の中を南下します。北部は大半がラフな路面で、試走車にはとてもタフでハードな行程でしたが、モーターサイクルのライダーにとっては快適なルートであると感じています。ただし、一度雨が降ると滑りやすい路面も多くなりますので、特に大排気量のモーターサイクルの場合には、適合サイズの範囲内でできるだけOFF ROAD寄りのタイヤを選ぶことをお勧めします。

この試走の結果を、ロードブックに仕上げてラリー参加者の皆様にお届けします。 続きを読む

カテゴリー: 2015情報 | コメントをどうぞ

NIR 2015 ENTRY LIST エントリーリストを掲載いたしました

NIR

第2回ノースアイランドラリー2015のエントリーリストを掲載いたしました。エントリーは5月15日を持って締切とさせていただいております。
※なおこのリストには、車両変更の情報が反映されていない場合があります。記載内容の修正、変更のご希望がございましたら、お手数ですが事務局までご連絡ください。

NIR_2015_ENTRY LIST

カテゴリー: 2015情報 | コメントをどうぞ

KTMライダーへのサポート

IMG_6098

ノースアイランドラリーにKTMで参加するライダーに、NIRの協力企業であるKTMから素敵なプレゼントがあります。ライダーのアトベンチャーを応援するKTMならではのチョイス。6月にロードブック等をお送りする時に、KTMライダーに同梱させていただきます。

●ユーティリティバッグ
旅の小物やツールを整理するのに便利なサイズです。
DOPPLER TOILET BAG 続きを読む

カテゴリー: 2015情報 | コメントをどうぞ